火曜日の思索メモ

思ったこと、考えたことの記録です。

支援

良心の実弾

FBで放映があることをシェアしてくださる方がいなかったら見逃すところでした。朝4時30分なんてTV見ないもの。 この内容だったら他の時間帯で流したら、もっと見る人が多かったでしょうに。 どんないい内容でも地方局が作成したドキュメンタリーだと首都圏で…

若者自身の経済状況で給付奨学金の支援が受けられるようになりました。

あら、これは大事!*\(^o^)/* 今みたいにロクにアルバイトもできない状況だと親に頼れない学生にとっては蜘蛛の糸ですよね togetter.com これ発信している人は共産党の議員さんらしいけれど、どの党の議員が発信しているかに拘るよりも大事な情報は共有され…

新型コロナと中高生の妊娠相談過去最多 

「中高生の妊娠相談過去最多」という記事で熊本市の慈恵病院が4月に病院の妊娠相談窓口に寄せられた中高生からの相談が過去最多の75件に上ったと発表してますね。 記者会見で副院長が 「新型コロナウイルスの影響で学校が休みになって引きこもり状態になって…

新潟県燕市の在京者支援と新型コロナから見る地域性

新型コロナの感染拡大が日本でも話題になり始めた頃、全国出張が多い人と話をしている時に 「この病気への反応は本当に地域性が分かれる。どの地域が革新的で、どの地域が保守的なのかはっきりする」 という言葉を聞いたけれど、本当に地域の保守性、革新性…

メンタル疾患の復職支援は大切です。

朝のニュースで、過重労働でメンタル疾患を発症した人の復職支援に触れられておりまして、リワークの大切さと復職支援する人を増やすことの大切さについて触れられておりました。 過重労働でメンタル疾患を発症したことについて、会社側が「その事実は認めま…

人に「助けて」と言えない社会

若者達が居場所がない、安心して「助けて」と言える場所がないことについて松本先生が 「それでも昔に比べると時代は進んでいて、どうしたら助けられるかということについて議論されやすくなりましたよ。」 「以前は行政で自殺予防セミナーを行うと『自殺』…

『さみしい』『死にたい』と向き合う〜今、求められる支援とは

ここ営団だと築地からも東銀座からも歩くんだものな〜と思いつつ浜離宮ホールまで『「さみしい」「死にたい」と向き合う〜今、求められる支援とは〜』を聞く為に行ってきました。 司会が荻上さんで、出演者が松本先生、これは行かないわけには行かないでしょ…